井谷光明 帰国記念ギターリサイタル

2018年 1111日(日)15時開場 15時半開演

 

会場 BUNROKU 文禄堤薩摩英国館

入場料 <予約制 当日500円増>   

一般 2500円  シニア・大学生 2000 小中高生 1000

 

予約申し込み  大阪ギタースクール

TEL 06-6992-3804 masami@osaka-gs.info

後援 猪居ギター教室 06-6324-2376

日本ギタリスト会議

 

プログラ

レゴンディ/ レヴェリー

ファリャ / ドビュッシー賛歌 粉屋の踊り

リョベート編 / カタロニア民謡より

メルツ /ハンガリー幻想曲 涙の讚美  他

井谷光明 プロフィール

大阪、守口市生まれ。3歳よりピアノを手島澄子女史に、10歳よりギターをはじめ、これまでに母 正美、猪居信之、フーバート・ケッペル、トーマス・ミュラー=ぺリング各氏に師事。コブレンツインターナショナルギター音楽院(ドイツ)を経て、ドイツ国立ケルン音楽大学演奏家課程を最優秀の成績で卒業およびドイツ国立フランツ・リスト・ワイマール音楽大学修士課程修了。ギター音楽大賞(大阪)をはじめ、ゲベルスベルク国際ギターコンクール(ドイツ)や同コンクール重奏部門、ヴェリア国際ギターコンクール(ギリシャ)、等国内外のコンクールにおいて入賞を果たしており、ソロや室内楽においてヨーロッパ、日本各地において公演を行っている。 レーベル・ティランドよりデビューCD 「レヴェリー()」をリリースし好評を得ている。


井谷光明は彼の世代で最も突出した日本人ギタリストの一人である。とりわけ彼の詩的解釈、そして特別な魔法のように洗練された繊細な響きによって、彼自身が輝かしいヴィルトゥオーゼであることを際立たせている。彼の演奏から直接感じ取れることは、彼はロマンティックなギター作品の表現において独自の自信に満ちたセンスを持ち、そして同時にその時代の作曲家の多様な技術の要求に対し、卓越した演奏で応えている、ということだ。
〜レヴェリー〜真の19世紀のハイライトから通ずる音楽の夢の旅、彼のデビューCD である。              

トーマス・ミュラー=ぺリング

 


菅沼聖隆&宇田奈津美デュオリサイタル

終了しました!

2018年 9月2日㈰ 開演15時半 開場 15時

会場 Bunroku文禄堤薩摩英国館

プログラム

傷 跡  菅沼聖隆

ラプソディ・ジャパン  藤井眞吾

子供の領分より  小さな羊飼い  ゴリウォーグのケーキウォーク  C.ドビュッシー

ギター協奏曲ニ長調  A.ヴィヴァルディ ジャン=マリー・レーモン編曲

入場料  <予約制 当日500円増> 

一般 2500円 シニア 学生 2000円   

予約申し込み  大阪ギタースクール

TEL 06-6992-3804  masami@osaka-gs.info

後援 猪居ギター教室 06-6324-2376  日本ギタリスト会議  

菅沼聖隆プロフィール

1996年東京生まれ、5歳より村治昇氏に師事。

坪川真理子氏、金庸太氏両氏に師事。

中学3年生頃、作曲和声学、ソルフェージュを三上徹氏に師事。

2014年10月、スペインのセビーリャ高等音楽院へ留学、フランシスコ・ベルニエール氏に師事する。2012年~現在、日本国内外の多数のコンクールにおいて受賞・入賞を果たす。パヴロ・マルケス、ウィリアム・カネンガイザーなどの海外のギタリストのマスタークラスにも積極的に受け、2011年の庄内国際ギターフェスティバルでは最優秀生を受賞。2015年6月に留学先のセビーリャ高等音楽院にてギター最優秀生に送られる「Matrícula de honor」を受賞。同年11月、さらに、クラシック以外にも積極的な活動を始め、南米フォルクローレ、ラテン、そしてフラメンコギターなど、多くのレパートリーを弾きこなす小林智詠氏と共に「Masa&Chiei」として2012年07月27日にラテン音楽系ファーストアルバム「El bailede la Juventud (若者の舞踏~)」をリリース。さらに、2017年6月21日ラテン系のレパートリーを集めた。「Seriously Laughing」もソロアルバムとしてリリース。

様々な活動を繰り広げ、今現在もスペインで研鑽を積んでいる。

受賞歴

2012年第34回ジュニア・ギターコンクール第1位と最優秀賞

第36回GLC学生ギターコンクール第1位とGLC賞

第30回スペインギター音楽コンクール第1位

2013年第44回クラシカル・ギターコンクール第1位

第3回イースト・エンド国際ギターコンクール第1位

2014年第41回日本ギターコンクール第1位

2015年第5回グレドス・サン・ディエゴ国際ギターコンクール第2位

第6回セビーリャ国際ギターコンクール第2位と聴衆賞

第31回アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール(アルムニェーカル)第3位、聴衆賞と演奏優秀賞

2017年第8回セビーリャ国際ギターコンクール第1位

 

宇田奈津美プロフィール

5歳からギターを始め柴田健氏に師事。

現在新井伴典氏に師事。また稲垣稔、田口秀一、今村泰典、佐々木忠、トーマス・ミュラー=ペリング、フラビオ・クッキ、ローラン・ディアンス、スサーナ・プリエト、アレクシス・ムズラキス(Duo Melis)、パブロ・マルケス、ミゲル・トラパガ、リカルド・カジェン、ジュディカエル・ペロワ各氏のマスタークラスやレッスンを受講。相愛大学音楽学部を特別奨学生として卒業。卒業時に「学長奨励賞」を受賞。同大学卒業演奏会出演。

「日本ギターコンクール」小学生、中学生、高校生部門全て第1位。同コンクールオヌール部門第2位。公益社団法人日本ギター連盟主催「新進芸術家ギタリストの饗宴」に選出される。

「第2回オールジャパンギターコンクール」第1位。

同連盟が定めるディプロマを取得。

第12回大阪国際音楽コンクール大学生部門アブニール賞受賞。

2013年、2014年度公益財団法人青山財団奨学生。

2015年に青山音楽記念館バロックザールにて初のソロリサイタルを開催し、関西を中心に演奏活動を行っている。

現在、(株)天理楽器、ドレミ音楽スクールクラシックギター科講師。

 

特別ゲスト

ジャン=マリー・レーモン Jean Marie Raymond

 「1949年、フランスで生まれる。A.ディアス・カーノにギターの手ほどきを受ける。その後、パリのエコール・ノルマル音楽院でギターをポンセ、J.イノホサ、作曲と指揮法をD.puトンデェイ ン、Y.デポルテに師事する。

1971年、米国でのコンサート・ツアーで大成功を収める。

明石市出身のギタリスト、稲垣稔氏(故人)とは30年来の親交があり、これまでに2度、来日している。彼はギター曲の作曲家でもあり、多くの作品(集)が出版している。作風はフランスのシャンソンのような詩情に満ち溢れている。また、彼の曲には、どこか日本人の心に郷愁を呼び起こすものがある。日本人や日本の文化にとても興味を持っている。来日の折にはいつも、その出会いを楽しむと同時に、触れ合いを 大切にしている。


BUNROKU 文禄堤薩摩英国館
終了しました!

会所幹也ギターリサイタル
7/29(日)開演15:30  開場15:00

プロフィール
大阪府八尾市出身。
4歳より木村英明氏による手ほどきを受け、藤井眞吾、アレクサンダー・スヴィーテ各氏に師事。現在ウイーン国立音楽大学において、アルバロ・ピッエッリ氏のもとで学ぶ。また他の分野においても古楽演奏解釈をインゴマー・ライナー、ルチアーノ・コンティー二各氏のもとで見識を深めるほか、室内楽など他楽器との共演も博している。2012年よりウイーンに拠点を移し、オーストリア、ドイツ、スイス、スロベニア、ハンガリー、ルーマニアなど欧州各地で多角的な演奏活動を展開している。

無言歌-Lieder ohne Worte-
その名の通り「言葉の無い歌」という意味を持つ“無言歌集“は19世紀ロマン派の作曲家メンデルスゾーンによって書かれたピアノの為の美しい小品集です。彼に深い敬愛の念を持っていたとされ、当時のハンガリー王国出身、ウィーンで活躍したギタリスト、ヨハン・カスパール・メルツは同じ無言歌という題名の曲を含む「吟遊詩人の調べ」という曲集を発表しました。歌詞はないけれど、歌うように楽器を演奏したい。そういった願いを込めて、今回の演奏会のテーマを”無言歌”としました。大正時代から残る歴史ある英国館「BUNROKU」で、クラシックギターの‘歌’をお楽しみください。
会所幹也

プログラム

無言歌 、ハンガリー風幻想曲 / J・G・メルツ
ターレトンの復活  ファンシー / J・ダウランド
リュート組曲第3番BWV995  / J・S・バッハ
内なる想い / V・アセンシオ

 

入場料  <予約制 当日500円増> 
    一般 2500円  シニア 学生 2000円   
■ 予約申し込み  大阪ギタースクール
TEL 06-6992-3804  masami@osaka-gs.info
後援 猪居ギター教室 06-6324-2376  
日本ギタリスト会議    


竹之内美穂ギターリサイタル 賛助出演 猪居謙

日時:2018年6月16日(土) 開場15:00 開演 15:30

 

クラシック、タンゴ、ボサノバ、バイヨンなど様々なスタイルで、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルの作品を描いていきます。
会 場  BUNROKU 文禄堤薩摩英国館
入場料  一般 3000円  シニア(65歳以上) 学生 2500円  
予約制、 当日500円増    
予約申し込み  大阪ギタースクール  
TEL&FAX 06-6992-3804
masami@osaka-gs.info http://osaka-gs.info/
後援  日本ギタリスト会議    

プログラム
森に夢見る / A.バリオス
ワルツNo.3 / A.バリオス
ルイーザ / A.C.ジョビン
空を見上げて / A.C.ジョビン
カーニバルの朝 / L.ボンファ
ブエノスアイレスの春 / A.ピアソラ
アディオス・ノニーノ / A.ピアソラ
デュオ
ストーン・フラワー / A.C.ジョビン
哀しみのワルツ / R.ニャタリ
タンゴ組曲より第2楽章&3楽章 / A.ピアソラ  

竹之内美穂プロフィール
鹿児島市出身。6才よりクラシックギターを父の手ほどきにより始める。16才のときに九州ギターコンクール入賞を記念し、バッハのシャコンヌを初めとするソロリサイタルを開催する。パリ・エコール・ノルマル音楽院ギター科にてA.ポンセに師事。ウィーン国立音大ギター科教授、K.ラゴスニッグ、 A.ピェッリ各氏に師事。その他スペイン、イタリア、スイス、イギリス、ドイツの夏期講習にて、D.ラッセル、R.ディアンス、J.トーマス、P.マルケスのマスタークラスを受講。山陰ギターコンクール第1位。長崎ギターコンクール第1位。名古屋ギターコンクール第2位。ヨーロッパ・クラシカルギターコンクール第3位。鹿児島、奄美大島、喜界島、長崎、福岡、島根、鳥取、大阪、京都、名古屋、東京、北海道、パリ、ロンドン、ポルトガルにてリサイタルを開催。ソロ活動の他、Fl.赤木りえ、Fl.M.グローウェル、Vn.大谷康子、Vn.会田桃子、Jazz Pf.石井彰、Vo.中孝介などと共演。クラシックからポップスまで幅広く活動。2004年、MAレコーディングスから1stCD「Ano Zero」をリリース。2018年に2ndCDブラジル音楽集「Stone Flower」をリリース。現在、「鹿児島ファミリースクール」にて後進の指導にも力をそそぐ。
好きな場所:スカイ島、涸沢、桜島を眺められる場所
好きなこと:山を眺めながらコーヒーを飲むこと、海を眺めながら空想にふけること、読書、料理、アロマテラピー

猪居 謙 プロフィール
ギターを猪居信之、福田進一、T.ミュラー=ペリング各氏に師事。ピアノ、ソルフェージュを勝間恵子氏に師事。 国立フランツ・リスト音楽大学(ドイツ)卒業、翌年同大学院修士課程修了。キジアーナ音楽院(イタリア)にてO.ギリア氏指導の下、最優秀ディプロマを取得。 ギター音楽大賞優勝をはじめ、コブレンツ国際ギターコンクール(ドイツ)、J.K.メルツ国際ギターコンクール(スロバキア)、台湾国際ギターコンクールなど数多くの国内外のコンクールで受賞。 2011年、NHK-FM放送「名曲リサイタル」に出演。15年3月にマイスターミュージックよりリリースしたデビューアルバム「ソナタ・ジョコーサ」はレコード芸術誌にて特選盤に選ばれ、その後、東京、大阪、名古屋、札幌にてデビュー・リサイタルを行う。16年、NHK-FM放送「リサイタル・ノヴァ」に出演。同年夏に東京で行われた「第11回Hakujuギター・フェスタ2016~武満徹へのオマージュ2」では、若手ギタリストの登竜門として名高い「旬のギタリストを聴く」に出演し好評を得る。 現在、関西を中心に積極的に演奏活動を行っており、株式会社サロット(京都)、茨木六弦堂(大阪)、ギターショップ ロッコーマン(神戸)に於いてクラシックギター科講師として後進の指導にもあたっている。


2018年 5月3日(木・祝)

樋浦靖晃 デビュー 25周年記念ギターリサイタル

大阪府守口市 BUNROKU文禄堤薩摩英国館

15:30開演  15:00開場

入場料  一般 2500円  シニア(65歳以上) 学生 2000円   

予約制、 当日500円増   

予約申し込み  大阪ギタースクール  TEL&FAX 06-6992-3804  masami@osaka-gs.info  http://osaka-gs.info/

後援 猪居ギター教室 06-6324-2376  日本ギタリスト会議 

 

◆プログラム

ファンタジア/L.ミラン

皇帝の歌/L.ナルバエス

ファンタジーNo.7/J.ダウランド

奇想曲「静けさ」/F.ソル

エキノクス/武満徹

他人の顔/武満徹

ヴィラロボス賛歌/R.ディアンス

アッシャーワルツ/N.コシュキン

コユンババ/C.ドメニコーニ

 

◆プロフィール

ギターを前川博信、伊東福雄両氏に師事 
後、渡西しA.ポンセ、L.ブローウェル、Pロメロ等のマスター クラスを修了 

94年渡仏しパリ・エコールノルマル音楽院にてR.アンディア氏に師事 96年にディプロマを取得 

9911月に帰国するまで他にギターをA.ピエッリ、アナリーゼをN.ボネ、 古楽をマルコ.メローニ、佐藤豊彦諸氏に師事
94
年フランス・ピカルディギターコンクール優勝
04
年フランス・アグスティン・バリオス国際ギターコンクール最高位受賞 
04
年バンコク国際ギターコンクール3位受賞 
03
年東京国際ギターコンクール本選入賞 
「日本の音楽展」にて0405年ズイホー賞受賞 他 国内外受賞多数
スペイン・イタリア・フランス・タイ・インドネシア・アメリカ・アルゼンチン等、世界各地のギターフェスティバルにてソロリサイタルとマスタークラスを開催 
2011
年にはアルゼンチンにてオーケストラとギター協奏曲の初演を行い、スタンディング・オベーションで賞賛を得た
2013
年ブルガリアでのギター協奏曲・アランフェス協奏曲のソリストとして迎えられた
2014
年世界最大のギターフェスティバル・ギター・デル・ムンド(アルゼンチン)に唯一の日本人として招聘され、アルゼンチン各地でソロリサイタルを開催した
ソロ、アンサンブル等ルネサンスから現代まで幅広いレパートリーを持つ
現在、音楽教室ミュージックベア(東京木場校・小岩校)主宰
イーストエンド国際ギターフェスティバル主催者として活躍中


宮下祥子「Gift」クラシックギターコンサート

 終了しました!

20171112㈰ 15時開場 15時半開演

入場料  一般 3000  シニア 大学生 2500

(予約制、当日500円増) 世界の紅茶1ドリンク付き  

主 催   大阪ギタースクール  http://osaka-gs.info/

お問い合わせ 予約  TEL&FAX 06-6992-3804  masami@osaka-gs.info   

後 援  猪居ギター教室 06-6324-2376   日本ギタリスト会議

 

 

宮下祥子のプライベートレーベルTOSから再登場したアルバム「ギフト」

「ギターの為の新12の歌」は、作曲家、壺井一歩のギターへの友情と期待にあふれた

作品集である。聴きなれた歌が、心地よく、かつ新鮮に蘇る。

 

 

この道   山田耕筰 / 佐藤弘和 編曲

さくら主題による変奏曲 横尾幸弘

 

 


新12の歌 壺井一歩 編曲

(宮下祥子へ献呈)

 

アメージング・グレイス

おぼろ月夜

城ケ島の雨

竹田の子守歌

五木の子守歌

グリーンスリーブス

すみれの花咲く頃

I Loves You Porgy

みどりのそよ風

ペチカ

仰げば尊し

この道

 

宮下祥子(みやした さちこ)経歴

 

7歳よりギターを始める。ギターを、渋谷忠三、福田進一、P.シュタイドルに師事。

クラシカルギターコンクール(東京)優勝。A・セゴビア国際ギターコンクール

(スペイン)第2位。キジアーナ音楽院で最優秀ディプロマを授与される。

ヨーロッパ、南北米、東南アジアなど世界12ヶ国32都市で公演を行う。

井上ひさし氏の指名により新国立劇場における朗読劇「少年口伝隊一九四五」に

ギター生演奏で出演、再演が続いている。2011年、札幌交響楽団(梅田俊明・指揮)

と「アランフェス協奏曲」を共演。音楽活動20周年の2015年、

自主レーベルTOSを立ち上げ、通算4枚目となるアルバム「LeDepart~旅立ち」をリリース、

Yahoo音楽ソフト器楽部門の売れ筋ランキングで第1位を記録、「レコード芸術」誌において

“特選盤”並びに”優秀録音盤“に選ばれ好評を得る。
札幌市民芸術祭大賞受賞、第20回道銀芸術文化奨励賞受賞。

札幌大谷大学非常勤講師。北海道大学卒業。

 


松下隆二「時代のはざまを漂う音楽」

 終了しました!!

賛助出演 岩崎慎一

2018127() 開場 15:00 開演 15:30

会場 大阪府守口市 BUNROKU 文禄堤薩摩英国館

入場料  一般 2500円  シニア 大学生 2000円  小中高生 1000円 (予約制、当日500円増) 

予約申し込み 大阪ギタースクール http://osaka-gs.info/TEL&FAX 06-6992-3804 masami@osaka-gs.info

後援 猪居ギター教室 06-6324-2376   日本ギタリスト会議     世界の紅茶 別途500

 

時代のはざまを漂う音楽

王道や権威として君臨するでもなく、楽器のスタンダードなレパートリーとなるでもなく、

厳しい時代のはざまに生まれ、ただひたすらしなやかに漂い続ける愛すべき曲を集めて、

この日守口で弾いてみたいと思います。ぜひ足をお運びください。会場でお待ちしています。      松下隆二

 

プログラム

第一部 松下隆二ソロ <セゴヴィア礼讃>

セゴヴィア(A.タンスマン)

ティエント(H.ハウク)

ラファガ(J.トゥリーナ)ほか

 

第二部<岩崎慎一氏とともに>

しばられた手の祈り(高橋悠治/松下隆二編)

歌と踊り第3番(F.モンポウ/岩崎慎一編)ほか

 

松下隆二  福岡市出身。

七才より故坂本一比古氏のもとでクラシック・ギターを始める。

いくつかの国内ギターコンクール優勝ののち渡仏し、パリ・エコール・ノルマル音楽院にて研鑽を積む。

なお20代前半~30代後半までの間に数多くの巨匠達のマスタークラスを受講し、影響を受ける。

帰国後はソロ・リサイタルのほか、編曲に基づくさまざまな楽器とのアンサンブルに力を入れる。

特に愛川智子(シャンソン歌手)田口悌治(ジャズギタリスト)木下尊惇(フォルクロリスタ)

荒田和豊(九州交響楽団ヴァイオリニスト)故齊藤賀雄(読売交響楽団フルーティスト)各氏を通じて、

それぞれの専門分野に関し多大な示唆を得る。2012年より唐人町ギター教室(福岡市中央区)を主宰し、

個人レッスンおよび生徒によるアンサンブル活動にも力を入れている。福岡市在住。

 

岩崎慎一 大阪出身。

1969年生まれ。ギターを松山豊樹、木村英明、藤井敬吾の各氏に師事。

相愛大学音楽学部器楽科弦楽器専攻ギターコース入学。1993年に渡西。

アルコイ(アリカンテ)にて、約4年半に渡り、故ホセ・ルイス・ゴンザレスに師事。

マスタークラスにてD.ラッセル、A.ディアス、R.アウセル、R,ディアンス、E.フィスク、P.ロメロ、I.リホス各氏に師事。

その間ソロ、アンサンブル等のコンサート、録音を行う。

1997年故ホセ・ルイス・ゴンザレスの薦めにより、バレンシア交響楽団のヴィオラ奏者、トライアン・イオネスク氏(ルーマニア)と共に、

“デュオ アルペジオーネ”を結成。スペイン各地においてコンサート活動を展開。2001年帰国、現在関西を中心に活動中。 

 

 

128() 13時より 松下隆二による公開レッスン 受講生募集中!! 

お問い合わせ・お申込み  090-8234-3044(岩崎) guitarraiwasaki@gmail.com 

 


大阪公演 BUNROKU文禄堤薩摩英国館

金庸太 「ギタロマニーの凱旋」CD発売記念コンサート終了しました!

2018324()15時半開演 15時開場

 

プログラム

ワルツ第4番 [A.バリオス]
 “蜂”シリーズ
   熊蜂 [E.プジョール]
   蜜蜂 [A.バリオス]
   蜂雀 [J.サグレラス]
グラン・ホタ [F.タレガ].

ブルースとつの変奏

[D.ボグダノヴィッチ]
 
サンディの肖像 [S.アサド]
   
.プレルディオ
   
.パッサカリア
   
.トッカータ
 
カプリース第5番~

24のカプリース 作品1」より

 [N.パガニーニ]
2
つのフレンチシャンソン

[R・ディアンス編]
   愛の讃歌   [M.モノー] 
   群衆   [A.カブラル] 他

 

当日、CD「ギタロマニーの凱旋」をご購入、又は

ご持参頂いた方には終演後のサイン会にて

特性オリジナルクリアファイルをプレゼント!


 

入場料  一般 2500  シニア(65歳以上) 学生 2000   

予約制、 当日500円増    (世界の紅茶 別途500円)

予約申し込み  大阪ギタースクール  TEL&FAX 06-6992-3804

masami@osaka-gs.info  http://osaka-gs.info/

後援 猪居ギター教室 06-6324-2376  日本ギタリスト会議 

 

プロフィール

金庸太 (キム・ヨンテ)

 

1967年東京生まれ。13歳よりギターを始め、大谷 環、尾尻雅弘、福田進一に師事。

93年名古屋ギターコンクール、94年スペインギターコンクールにおいて第1位受賞。

95年に渡仏、パリ・エコールノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセに師事。

97年、同音楽院ギター科を審査員全員一致の第1位で修了。

98年、同音楽院の演奏家ディプロマを審査員全員一致の首席で取得。

同年ベルギーに移り、王立アントワープ音楽院スペシャライズコースに在籍、

ローランド・ブロックスの下で研鑽を積む。 その間、ギターをアルバロ・ピエッリ、

ジェラール・ヴェルバに、アナリーゼをナルシス・ボネに師事し、ヨーロッパ各地で

演奏活動を行う。 2000年に帰国後は、ソロ、室内楽、オーケストラとの共演など、

幅広く活動中。200610月に発表した ソロ・アルバム 「ヴァリエ内なる想い」、

2017月にKING RECORDS よりリリースされた枚目の ソロCD「ギタロマニー

の凱旋」は共にレコード芸術誌にて特選盤に選ばれる。 現在、聖徳大学、

洗足学園音楽大学、現代ギター社GG学院、村治ギター早期才能教室で講師を務める。

 

■3月25日() 13時より 金庸太による公開レッスン 受講生募集中!! 

お問い合わせ・お申込み  090-8234-3044(岩崎) guitarraiwasaki@gmail.com 

 

 

 

 


猪居信之&西村浩紀デュオコンサート

盛会にて終了しました!

2017年9月17日

開場15時 開演15時半

◆入場料  一般 3000  シニア 大学生 2500  世界の紅茶付き  (予約制、当日500円増)

◆主催・申し込み  大阪ギタースクール http://osaka-gs.info/ TEL&FAX 06-6992-3804   

masami@osaka-gs.info    後援  日本ギタリスト会議

 

~プログラム~

西村浩紀ソロ  コルドバ/I.アルベニス    パッサカリア/A.タンスマン

猪居信之ソロ  サラバンド/G.F.ヘンデル  練習曲集より/F.ソル

デュオ     ヒロシマという名の少年、不良少年/武満 徹

        来るべきもの/A.ピアソラ   祈り/F.ハンド

             夢、月の光、ゴリウォグのケークウォーク/C.ドビュッシー

            アンクラージュマン/F.ソル

 

猪居信之プロフィール

 

9歳より川西 勇氏に師事、ギターを始める。その後、先田 修氏、吉良清和氏 に師事、20歳より近藤敏明氏に師事。

1985年より約2年間、湯淺隆氏(現マリオネット、ポルトガルギター奏者)とギターデュオ「ティエント」 を結成し

ライヴを中心に活動を行なう。1992年、英国ロイヤル・バレエ団大阪公演での「ペンギン・カフェ」においてギター演奏を担当。

現在関西を中心に、演奏、教授活動を行い、 多くの有望な新人ギタリストを輩出している。

2009年より西村浩紀氏とギターデュオを結成。日本ギタリスト会議事務局長、

日本ジュニアギター教育協会理事、ギター・リーダース・クラブ 会員、日本ギター連盟会員。

 

西村浩紀プロフィール

 

4歳よりヤマハ音楽教室にてエレクトーン、ピアノを始める。

19歳より関西学院大学クラシックギタークラブに入部と同時にギターを始める。その後、猪居信之氏に師事し、

ギターをはじめ1年4ヶ月で第25回日本ギターコンクール 大学生の部銀賞入賞(コンクール実績)在籍中は

クラシックギタークラブソリスト、関西ギター連盟ソリストを務めアンサ ンブル活動も行う。

卒業後、本格的に演奏活動に入る。F.クッキ氏のマスタークラス受講。

 

 


松下隆二かろやかな春のギターコンサート

盛会にて終了しました!!

2017年4月8日(土) 15時30分開演 15時開場

■プログラム

【第一部】19世紀ギター(ラコートモデル/黒田義正作)を使って

エチュード D moll(N.コスト)

月光 Op.35-22(F.ソル)

エチュードNo.9(M.カルカッシ)ほか

【第二部】ギターデュオによる映画音楽~岩崎慎一氏をお迎えして

カヴァティーナ(S.マイヤーズ)

8 1/2(N.ロータ/鈴木大介編)

ある夕食のテーブル(E.モリコーネ/松下隆二編)ほか

 

■松下隆二プロフィール

福岡市出身。七才よりクラシック・ギターを始める。

いくつかの国内ギターコンクール優勝ののち渡仏し、パリ・エコール・ノルマル音楽院にて研鑽を積む。帰国後はソロ・リサイタルのほか編曲に基づくさまざまな楽器とのアンサンブルに力を入れる。これまでテレビ、ラジオ出演や数々のレコーディングを経験する。2012年より唐人町ギター教室(福岡市中央区)を主宰し、個人レッスンおよび生徒によるアンサンブル活動にも力を入れている。これまでに故坂本一比古、A.ポンセ、P.マルケス各氏に師事。故ホセ・ルイス・ゴンサレス、L.ブローウェル、P.ロメロ、福田進一各氏のマスタークラスを受講。

松下 隆二 <ryuji.matsushita@classic-guitar.org>

 

■入場料 一般 3000円  シニア 大学生 2500円  小中高生 1000円

 (予約制 当日500円増) 世界の紅茶1ドリンク付き                

 

■主催・申し込み 大阪ギタースクール http://osaka-gs.info/

 TEL&FAX 06-6992-3804 E-mail masami@osaka-gs.info

 

 後援 猪居ギター教室 06-6324-2376 日本ギタリスト会議


BUNROKU文禄薩摩英国館コンサート

盛会にて終了しました!!

 

岩本政仁アンサンブルの楽しみ

古楽器で奏でるバロックの世界をお楽しみください

2017 5/21() 開場15:00開演15:30

ギターソロ    

J.S.バッハ / リュート組曲No2  

ポンセ / 前奏曲 ホ長調

 

アンサンブル&トリオ

J.S.バッハ / (音楽の捧げ物 より) トリオソナタハ短調 BWV1079

ヴィヴァルディ / トリオソナタ RV82    他

 

■入場料  一般 3000円  シニア 大学生 2500

世界の紅茶付き  (予約制、当日500円増) 

■主催・申し込み  大阪ギタースクール http://osaka-gs.info/

TEL&FAX 06-6992-3804   masami@osaka-gs.info

後援  猪居ギター教室 06-6324-2376  日本ギタリスト会議                    


 ■横山 知彦 <バロックヴァイオリン> 大阪大学文学部美学科卒。ヴァイオリンを田淵芳郎氏ほかに師事。 2004年アンサンブル・トリーヌ参加を機にバロック・ヴァイオリンに転向。これまでにヒロ・クロサキ氏、寺神戸亮氏、E.オノフリ氏、S.クイケン氏のレッスンを受講、2011年より定期的に赤津眞言氏の指導を受ける。「アンサンブル・トリーヌ」メンバー。                      ■ 岩本政仁<クラシックギター> 10才よりギターを広沢 義明氏にギターを師事。 第22回ギター音楽大賞優勝。 第25回読売日本ギターコンクール優勝。現在は音楽教室などで講師を務めながらソロリサイタル、ヴァイオリン、ヴィオラ、フルートとのアンサンブル、その他意欲的に演奏活動を行なっている。 トリオ、アンサンブルではバロックギターを使用。                        ■石坂美佳<フラウト・トラヴェルソ> 13歳からフルートを始める。兵庫県西播地区を中心にソロや室内楽、更には邦楽楽器との共演やジャズなどジャンルを越え精力的にコンサートを行う。また大学休学中に訪れたドイツでバロック音楽に影響を受け、卒業後フラウト・トラヴェルソの勉強を始め、2013年には追手門学院主催アドヴァンストリサイタルに出演。これまでにモダンフルートを赤穂由美子、待永 望、大塚裕紀子、中務晴之、フラウト・トラヴェルソを太田里子、演奏法を田村義一の各氏に師事。大阪音楽大学音楽学部器楽学科フルート専攻卒業。 現在、ドレミ楽器、きたむら楽器、やぎ楽器(東加古川店)各音楽教室フルート講師。たつの市音楽協会会員。Luft Musicaメンバー。                              ■中西 歩 <ヴィオラ・ダ・ガンバ> 大阪音楽大学音楽学部作曲学科楽理専攻卒業。 在学中よりヴィオラ・ダ・ガンバと古楽アンサンブルを佐野健二、坂本利文の両氏に師事。インスブルック夏期国際古楽祭にて、W.クイケン氏のコースを受講。また、2000年よりJ.マンソン氏の指導を定期的に受ける。大阪音楽セミナー、豊中市・大阪音楽大学公開講座、ムジークフェストなら、高齢者大学講座、神戸市アートベンチャー事業入選企画等に出演など、中世、ルネサンス、バロック音楽奏者として活動している。「オルティス・コンソート」「アンサンブル・トリーヌ」「ル・ティサージュ」メンバー。


BUNROKU文禄薩摩英国館コンサート

盛会にて終了しました!!

 

20176/25() 開場15:00開演15:30

新井伴典&松田弦CD発売記念

デュオコンサート

プログラム                  12のスペイン舞曲より5つの舞曲、ゴエスカスの間奏曲~E・グラナドス(新井 編)寓話Ⅰ&Ⅱ、物語より、15の絵画による小組曲より~J・イベール(新井 編)summer~久石譲   

3つの小品~C・ドビュッシー  ほか         ギターデュオ 松田&新井                2005年よりデュオを開始。新井はドイツに留学し、在学中、ポーランド、ドイツ、オーストリア、イタリアの国際コンクールに優勝ないし上位入賞。松田はオーストリア、フランス、スペインに留学し、東京国際、アントニー国際(フランス)の優勝をはじめ2人共々海外でキャリアを積む。デュオのレパートリーは新井の編曲物が中心で、CD”夏の列島(2011)”や”ジャック・イベール作品集(2016)”では高い評価を得て、全国ツアーを展開。20175月にはCD”グラナドス、12のスペイン舞曲”をリリース。           入場料  一般 3000  シニア 大学生 2500 (予約制、当日500円増)                世界の紅茶付き     

■主催・申し込み  大阪ギタースクール http://osaka-gs.info/ TEL&FAX 06-6992-3804   masami@osaka-gs.info           後援 猪居ギター教室 06-6324-2376   日本ギタリスト会議

 

 


新井 伴典  東京、渋谷生まれ。6才よりギターを父、和夫に師事。ジュニアギターコンクール・学生ギターコンクール・第6回スペインギター音楽コンクールで優勝し、92年ドイツ国立ケルン音楽大学入学。2000年ドイツ国家演奏家資格コース終了。ドイツ滞在中にヨーロッパ各地の主なコンクールで入賞する。現在までに原 善伸、佐々木 忠、ゾーラン・デュキッチ、トーマス・ミュラー=ぺリングに師事。ALM RECORDSより3つのソロアルバム「アブリール(2005年)」「スペインの城(2006年)」「シンプル・エッセンス(2011年)」はいずれも『レコード芸術』誌にて特選盤に選出、GGレーベルよりアルポリール・ギタートリオ「アルポリズム(2006年)」、ウッドノートスタジオレーベルより松田弦とのギターデュオ「夏の列島(2011年)」、宮下仁司とのギターデュオ「夏国のアクア(2014年)」をリリース。20164月にはオクタヴィアレコードよりフルート奏者の上野由恵とのアルバム「ピレネーを越えて」を発表。2013年と2015年はJELA(日本福音ルーテル社団)主催の” 世界の子ども支援チャリティコンサート”にフルート奏者の上野由恵と出演し全国12ヶ所のツアーを行う。現在までにドイツ、ポーランド、オーストリア、イタリア、チェコ、ベルギー、フランス、タイ、フィリピン、インドネシア、ネパールで演奏。後進の指導にも努め、門下生の入賞歴は140を超える。上野学園大学クラシックギター科非常勤講師(大学、短大、高校、中学)。現代ギターGG学院講師。 http://www.arai-guitar.com

 

松田 弦  16才からクラシックギターを始める。高知県立岡豊高等学校音楽コースギター専攻科卒。2009年、第52回東京国際ギターコンクール第1位、第9回アジア国際ギターコンクール(タイ、バンコク)第1位を始め、2000年~2009年までに国内外7つのコンクールで第1位受賞。2013年、アントニー国際ギターコンクール(フランス)第1位、合わせて課題曲賞と聴衆賞を受賞。2007年に初のソロ・リサイタルを行う。2009年、ファースト・アルバムGENIUS』発売。2011年、新井伴典氏とのデュオ『夏の列島』発売。2013年発売のアルバム『弦想~gen-soul~』でキングレコードよりメジャー・デビュー。2014年キングレコードより2枚目のアルバムesperanza』をリリース。2枚とも『レコード芸術』誌にて特選盤となる。また、高知県下の小中学校を中心にクラシックギターの魅力を伝えるための演奏会を行っている。これまでに日本各地を始め、オーストリア(ウィーン コンツェルトハウス)、ドイツ、タイ、フィリピンなどでもリサイタルを行う。クラシック以外のアーティストとの共演も多く、活動の幅を広げている。これまでに松居孝行、村治昇、新井伴典の各氏に師事。2011年より、フランス、ストラスブール音楽院にて、アレクシス・ムズラキス、今村泰典の両氏に師事。2013年よりオーストリア、ウィーンにて研鑽を積み、2014年にはイタリア、ポルデノーネのセゴビア・ギターアカデミーにて、パオロ・ペゴラーロ、アドリアーノ・デル・サルに師事。201616月、スペイン、アリカンテ大学主催のマスター修士課程を修了。 http://www.matsuda-gen.com


2017年1月15日(日) 盛会にて終了しました!
益田展行 BUNROKUギターリサイタル
15:00開演(14:30開場)
プログラム 無伴奏ヴァイオリンのためのファンタジアより / G.Ph.テレマン ソナタ ハ長調 / A.ディアベリ ソナタ・クラシカ(F.ソルを讃えて) / M.M.ポンセ 序奏とカプリス / G.レゴンディ 他
■益田展行プロフィール
長崎市出身。幼少よりギターを始め、これまでに益田洋一、佐々木忠、H.ケッペル、T.ツァビエルハ、各氏に師事。ドイツ学術交流会(DAAD)より奨学金を得てドイツに渡り、ケルン音楽大学アーヘン校・演奏家課程、ケルン音楽大学・修士課程を卒業。その後、フランツ・リスト音楽大学(ワイマール)にて研鑽を積む。在学中に3期にわたり(財)野村国際文化財団(現、(財)野村財団)より奨学金を授与される。
東京国際ギターコンクールをはじめハインスベルク国際(ドイツ) フォルム・ウィーン国際(オーストリア) パリ・アントニー国際(フランス)など内外の15の国際コンクールにおいて上位入賞を果たすなど輝かしい賞歴を重ねており、ソロ、室内楽、オーケストラとの協演などヨーロッパ各国にて公演を行っている。
2012年に日本に帰国。2016年1月にリリースした「plays Bach バッハ作品集」は「衝撃的なデビュー作」(現代ギター誌) と評され、レコード芸術誌特選盤に選ばれている。

■会場 BUNROKU 文禄堤 薩摩英国館 (大阪府守口市本町2丁目4-15)※京阪電鉄「守口市駅」東改札より徒歩3分 地下鉄谷町線

■入場料 (予約制)一般3,000円 シニア大学生2,500円 世界の紅茶1ドリンク付き(予約制:当日500円増 )
■主催・申し込み:大阪ギタースクール
TEL&FAX:O6-6992-3804
Mail:masami@osaka-gs.info
後援:猪居ギター教室 06-6324-2376
   日本ギタリスト会議



2016年11月20日(日) 盛会にて終了しました!


タンゴグレリオBUNROKUコンサート
16:00開演(15:30開場)
■出演 タンゴ・グレリオ バンドネオン/星野俊路、ギター/米阪隆広
■会場 BUNROKU 文禄堤 薩摩英国館 (大阪府守口市本町2丁目4-15)※京阪電鉄「守口市駅」東改札より徒歩3分 地下鉄谷町線
■入場料 (予約制)一般3,000円 シニア大学生2,500円 世界の紅茶1ドリンク付き(予約制:当日500円増 )
■主催・申し込み:大阪ギタースクール
TEL&FAX:O6-6992-3804
Mail:masami@osaka-gs.info
後援:猪居ギター教室 06-6324-2376
   日本ギタリスト会議